断熱性をアップ

節電は電気を使わないことだけではありません。

部屋を工夫したり、家を工夫すれば、それそのものが、直接の節電には繋がらないかもしれませんが、結果的に節電につながることは沢山あるのです。

例えば窓から熱が頻繁に出入りしていると、部屋の中の温度が上昇してしまいますから、その結果、エアコンを使う頻度が高くなります。

部屋の温度をできるだけ上げないようにするためにも、遮光カーテンを使って部屋に夏のガンガン降り注ぐ日差しを予防することブラインドを下げておくといいでしょう。

すだれを使えば、効果的に日差しを遮断させることも可能です。

また最近は断熱シートも使うと効果的です。

断熱シートは直接日光が入ってきたり、熱が入ってくるのを防ぐことができるのです。

これによって部屋の温度の上昇を防ぐことができてエアコン稼働率を下げて節電効果につなげます。

家の外にゴーヤ、植物を窓側につくると、グリーンカーテンになり、自然のカーテンが作られますから、これによって部屋に降り注ぐ光を遮断してくれますし、見た目に元手も涼しく見えていいでしょう。

打ち水は昔から行われていたことですが、エアコンの室外機の中にたまっている水を使ったりして、ベランダ、壁に打ち水をします。

打ち水をすればとてもさわやかな風が通るようになり涼しげですからエアコンを使わなくてもよくなるかもしれませんね。

【オススメ記事】
断熱性がアップすれば、節電効果も抜群です。

断熱性をアップさせるために、まずはお部屋の片づけから始めてみましょう。

キレイに片付けてから断熱性をあげるための施工をすれば、断熱効果もかなり違ってきます。

自分でやるのが一番ですが、自分でできなくても最近ではエレクトーン処分 徳島といった業者もあるみたいなので、一度頼んでみるのもいいかもしれません。

Copyright(c) 2015 節電方法の極意 All Rights Reserved.