照明で節電

照明で節電する方法を考えていきます。

まずは照明器具を掃除してみましょう。

掃除しただけでかなり明るさが変わることを知っていますか?

ライトのかさなどが汚れてしまえば、明るさが汚れによってくすんで低下してしまいます。

特に台所の周りは汚れやすいですから、手入れは頻繁に行いましょう。

そして必要がない照明はつけないようにします。

長時間部屋を開けるという場合には、できるだけ電気は消しておきましょう。

蛍光灯は極端に頻繁に点滅させてしまうと、ランプが早く切れてしまうのでその点も覚えておきましょう。

待機消費電力を照明でも削減しましょう。

リモコン機能を使っているときは実は1Wの電力の消費です。

照明のスイッチの電源を切って待機電力はできるだけ抑えましょう。

最近は省エネを目的に作られた照明もありますが、インバーター式の器具に買い換えるといいでしょう。

コレは周波数変換機で家庭に届く電気の周波数を目的に合わせて変えてくれるのです。

白熱電球よりは最近はLED電球のほうが節電効果が高いといわれていますから、得きるだけLED電球を選ぶようにするといいでしょう。

照明は日々使うものですから、適切な節電方法をすればかなり電力を抑えることに繋がります。

Copyright(c) 2015 節電方法の極意 All Rights Reserved.