待機電力をなくす

待機電力をご存知でしょうか?

これは電化製品の節電を見直すなら、必ず見直さなくてはいけないものです。

使っていなくても、家庭の電化製品は電力が勝手に消費されるようになっているのです。

意外と待機電力の消費電力は大きく、家庭の消費電力の6㌫を締めていますので注意しましょう。

待機電力は年間を通して、少し意識するだけでも随分削減できます。

わざわざプラグから抜いて、主電源を消して・・・という待機電力の削減は日々の生活野中でとても面倒に感じるかもしれません。

面倒に感じるかもしれませんがコレで節減につながるのですから、一人ひとりが気をつけて行きたいことですね。

例えば最近はこまめに待機電力を減らす行動が面倒な人のために、手軽に減らせるグッズも販売されてます。

プラグを抜けば設定がまたリセットされてしまう際には、スイッチ付きのタップを使うと便利です。

待機電力を減らすためにはこまめに主電源を切ること、先ほど紹介したスイッチ付きタップを使うこと、オートオフ機能を使うといいでしょう。

毎日の意識の積み重ねがおおきな節電にも繋がります。

少し面倒かもしれませんが、意識をして無駄な待機電力を努力して減らすようにしましょう。

Copyright(c) 2015 節電方法の極意 All Rights Reserved.