こまめにスイッチを切る

誰でも簡単に意識すれば節電は可能です。

例えば使っていないときはこまめにスイッチを消すようにしましょう。

長時間使わないと思ったら、スイッチだけに限らずプラグも抜くようにしましょう。

例えばエアコンですが、これから夏に向けて使うことが多いでしょう。

冷房は必要だと思ったときだけつけるようにします。

タイマー機能を使うといいでしょう。

外に出る際は直前にスイッチを消さずに前もって消すようにするだけでも節電になります。

長時間使わないのなら、プラグを抜いておきましょう。

照明についても、必要がないところはこまめに消しましょう。

例えば階段や廊下などはこまめに消すようにしましょう。

テレビも意外と電気を使いますから、テレビを見ていないのならテレビはこまめに消しましょう。

リモコン待ち状態だけでもエネルギーは使われていますので、スイッチを切るなら、主電源から切っておくようにして、長期不在がわかっているのなら、プラグを抜いておくといいでしょう。

パソコンも使わない場合には電源はオフにします。

プラグを抜けばさらに待機電力も減らせますが、電源オプションを利用して、電源オフからシステムスタンバイに設定を帰るだけでも、デスクトップパソコンなら、かなりの節電になります。

【PR】
熊本県で親族が亡くなってしまって片付けをどうしたらいいかわからない…。

そんな方は、遺品整理 熊本にお任せください。

不用品回収以外にも、ご遺品で買取り可能なものはしっかり査定させていただきます。

Copyright(c) 2015 節電方法の極意 All Rights Reserved.